ももばちの軌跡

人のヤミが好きなだけのももばちの、ヤミの悲鳴とアイ。自分のヤミと向き合いながら生きる、ももばちの奮闘記。

長いと思ってた階段は、笑っちゃうほど短くて。

最近、家にいる時間が重苦しい。

家にいる時間をなるべく少なくしたくて、毎日のようにコワーキングスペースに通って仕事をしている。

今日も朝早くに目が覚めて、朝からコワーキングスペースへ。

でも今日は、昼前にはやることが終わってしまって、しぶしぶ家に帰る。

 

家に帰っても、何もやることがなくて、趣味はあるけど、何もやる気になれなくて、

だんだんと胸のあたりが苦しくなる。

 

耐えきれなくなって、外に飛び出す。

階段が長そうで行ったことのなかった近所の神社に行ってみることにした。

今なら、どんな長い階段でも登れる気がした。

よし、と心を決めて登り始めると、その階段は笑っちゃうくらい短くて。

 

そんなもんだよな、と思った。

長いと思ってためらっていた階段ほど、登ってみると案外短くて。

高いと思っていた場所は、なんてことない高さで。

そこには、なんてことのない景色が広がっている。

私がためらっていたものは、こんなもんだったのか。

 

そんなことばかりだ。

 

それからなんてことのないベンチにしばらく座り、街の音と鳥の声と水の音を聞いた。

平日の昼間にこんなところに来る人なんて誰もいなくて、

これでも社会人の私は、一体何をやっているんだろうと思った。

 

こんな生活をしていて、いいんだろうか。

 

私は、このままでいいんだろうか。

 

階段を降りて、そのまま帰るにはあまりに早すぎたので、近くの小さな水車を見に行った。

誰か知り合いに見られるんじゃないかとビクビクしながら、しゃがみこんで、ただ流れる水を見ていた。

 

昨日見た『サティシュの学校』という映画で、サティシュが、川のように生きなさい、みたいなことを言っていたのを思い出した。

ただ流れる水のように生きていけたら、どんなに気持ちがいいだろう。

 

本当は、暗くなるまでここで水を眺めていたかったけれど、道ゆく人や車が気になって、家に戻った。

 

まだまだ外は明るくて、寝るまでの時間をどうやって潰そうかと考えながらこのブログを書いている。

 

大した時間潰しにはならなかったけれど、ただ布団にくるまって苦しさに耐えるよりは、ちょっとでも散歩に出られた今日は、いつもよりちょっと良かったかもしれない。

 

こんな日常が、流れてゆく。

頑張らない生き方を正当化すること

私はまわりの人たちが思っている以上に、頑張らない生き方をしてきた。

みんな知らないだけで、びっくりするくらい頑張っていない。

他の人たちが頑張って生きているのを傍目に見ながら、どうして私は頑張れないんだろう…と、布団の中で涙しながら生きてきた。

人には生きてるだけで充分頑張ってるよって心から言えるのに、自分に対してはそう思いきれないところがある。

こういう生き方しかできないからって、今の生き方を正当化して生きてもいいんだと思う。

でも時々、頑張らない自分を正当化していていいんだろうかって、ふと不安になる。

ほんとはもっと頑張れるんじゃないかって。

 

頑張れるんだったら、もうとっくに頑張ってるはずなのにね。

もう全部、疲れた

泣きながらお酒を飲んでいる。

お酒は1日1缶までという自分で決めたルールを破って2缶目を開けたところで、「何やってんだろ」と、堪えていた涙が止まらなくなった。

 

別に何があったわけでもないし、よくあることだけれど、

突然、すべてが嫌になったのだ。

 

毎日の退屈な生活も、

仕事をこなすことも、

人と関わることも、

元気なふりをすることも、

自分が今、生きていることも。

 

全部が全部、もう、疲れた。

 

でもきっと私は、こうやって生きていくんだろう。

生きることに疲れ果てて、一人で泣きながら。

助けてって言えずに、孤独を自ら選びながら。

 

いつまで悲劇のヒロイン続けるんだろって、心のどこかで嘲笑いながら、アルコール度数の強いお酒で誤魔化す。

 

そんな夜も、あっていいよね。

人の幸せを喜べない自分が嫌いだ。

身内や大好きな友人の幸せさえも素直に喜べない自分がいる。

「おめでとう」って、ただその一言が言えなくて。

おめでとうって、思えなくて。

情けないくらいに嫉妬で溢れる自分が大嫌いだ。

 

私だって、幸せになりたかった。

私がほしかったものを、どうしてそんなに次々と手に入れていくのか。

どうして私は、今ある幸せを抱きしめられないのか。

 

心の底からおめでとうって言える自分でいたい。

25年、生きた。

珍しく、誕生日を自分で祝おうという気持ちになっている。

 

生まれてから、今日で25年。

生きたなあ〜。自分がこんなに生きると思ってなかった。

 

私はたぶん、生きるのが下手くそで。誰かと比べたくはないけれど、生きてるだけでいっぱいいっぱいで。まわりの人たちが普通にできてることができなくて。

できないことがたくさんあるのを隠すように、逃げるように生きてきた。

 

それでも、こんな生き方でも、25年生きられた。

もう生きたくないと言い続けながらも、今生きている。

 

今晩は1人で、25年生きた自分に乾杯しようと思う。

感情ブレーカー

今、私は何を感じているのか。

私の中に、何があるのか。

 

感情のブレーカーを落としてしまった今の私には、よく分からない。

 

ちょっとしたことで10日ほど入院することが決まった時、私の中の感情ブレーカーがバチンと落ちた。

(幸いすぐに回復して明日退院予定です。)

入院することになっても全く動じず、それまでの情緒不安定が嘘みたいに落ちついている自分がいた。

感情から切り離された異世界に放り込まれたような、不思議な感覚。

今思えば、入院生活は共同生活が苦手な私にとってストレスの塊だったはずで。

起きる時間、寝る時間、ご飯を食べる時間すら自分で決められない。間仕切りカーテンがあるとはいえ、いつ誰がひょっこりやってくるのか分からない環境は、恐怖でしかなかった。

 

あ、この環境ムリだ。こわい。

そんな感覚を取り戻しはじめたのは、入院してから1週間して、入院生活の生活の流れがある程度理解できるようになってからだった。

 

時間を持て余しても、スマホを見る気にも何かを考える気にもならなくて、

感情に蓋をすることに徹していたような気がする。

 

感情ブレーカーが落ちてくれて良かったと思う一方で、

日常に戻ってブレーカーを上げた時に何が湧き上がって来るのか分からなくて、こわい。

 

だから退院前に、こうやってブログを書いてみた。そろそろ自分の中にある感情を、ちょっとずつ拾い上げたくて。

 

いま私の中にあるもの。

 

常に人の気配がすることへの気疲れ。

生活のすべてを管理されていることへの息苦しさ。

人の作ったごはんが食べられるありがたさ。

看護師さんだけじゃない、栄養士さんや清掃員さん、顔拭きタオルを配りにきてくれるおばちゃん、たくさん人たちのおかげで生活させてもらっていること。

入院している人それぞれの人生。

こういう時に、音楽は偉大だなと感じること。

退院後のことを考えることへの抵抗感。

入院中みたいな規則正しい生活を維持することの難しさ。

反動ですべてが崩れてしまうんじゃないかという、漠然とした不安。

 

んーまだありそうだけど、湧いてこないから感じにくい。

もう少し耳を傾けてみる。

 

「いない方いい」の呪い

私はいてもいなくてもいい。

必要とされてない。

だったら、いない方いい。

 

そんな呪いが、ことあるごとに胸を締めつけて、私の存在を消し去ろうとする。

 

いない方いいのかな?

そんな不安が拭えなくて、逃げるようにその場を立ち去る。

 

そんな生き方をしてきたから、ずっとひとり。

歩み寄ってきてくれる人に対しても、心のどこかで「ほんとはいてもいなくてもいいんでしょ?」って信じられなくて。

 

私がいなくなっても、みんな生きていける。

もしも死んだら、ちょっとは泣いてくれるかもしれないけど、1週間もすれば、何事もなかったかのように日常に戻っていく。

 

それぞれがそれぞれの人生を生きているんだから、当たり前のことだと思うけれど、

それがどうしてこんなにも、虚しくて苦しいんだろう。

 

いてもいなくてもいい存在なら、いない方いい。

いてもいなくてもいい存在なら、こんな苦しい思いしてまで生きたくない。